会社設立の費用

会社設立の費用 - 会社設立の費用について かんたん会社設立ナビ

会社設立の費用

近年、会社勤めをするのではなく自分で会社を設立したいと考える人が増えており、そのノウハウを知りたがっている人も比例して多くなっています。
これは長引く不況の影響や会社に対する信頼の低下も関係していて、自立した事業にチャレンジする機会が身近になってきていることが大きく、株式会社設立はかんたんになってきたといえるでしょう。
インターネットで事業ができたり、個人や少人数で勝負できるフィールドが多くなったのも原因の一つでしょう。
いずれにしても、会社設立は身近になり、志があれば誰でもできるようになってきました。

まずは会社設立の費用を調べよう

そこでまず知っておかなければならないのが「会社設立の費用」で、これはどんな会社を設立するにしても必ず必要になりますし、自分の考える事業にはどのくらいの資金が必要なのか目途を立てておかなければその後の展開も望めません。
はじめに会社には「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」の4つの種類に分類され、このうち合名会社と合資会社は特殊な例となりますから実質株式会社か合同会社のどちらかになるでしょう。
少し前まで「有限会社」というのもありましたが、現在は廃止されているので今は作ることができません。
現在は小規模でも株式会社を設立することができるようになり、資本金が1円でも会社設立ができるようになったので「有限会社」は廃止されました。

そしてこの中でももっともメジャーなのが株式会社で、日本にある多くの会社が株式会社と言ってもいいでしょう。
株式会社と聞くと少し難しいイメージがあるかもしれませんが、かかるコストはそれほど多くありません。
方法としては紙の定款の場合と電子認証定款の場合があり、電子認証定款のほうは200.000円と低コストになっているのでこちらがおすすめです。
しかし電子定款を作るには専用の機器が必要となるので持っていない場合は紙の定款か、委託会社に依頼する必要があります。
合同会社の場合も株式会社同様、紙の定款と電子認証定款がありますが電子認証定款のほうが60,000円と安くなっています。
このように株式会社にしても合同会社にしても比較的ハードルは低く、誰でも簡単に設立することができることがわかります。

もちろん会社は作るのは設立にかかるコストだけが問題になるわけではありませんので、ほかの問題にも目を向けなければなりませんが、スタートの部分が明確になっていればその後の展望も明るくなるでしょう。
まずは自分がどんな会社を作り、どんな営業をしたいのかビジョンを明確にして魅力的な会社作りをはじめてください。
おすすめの税理士法人: 会社設立ならベンチャーサポート税理士法人

費用やイメージのほかに必要なものを準備しよう

費用について明確になって、事業の具体的なイメージができたら必要なものの準備を進めていきましょう。
会社設立にはいろいろなものの準備が必要になりますが、会社の印鑑は最初に準備すべきアイテムです。
会社の印鑑は重要な書類えの押印のほかにも、頻繁に使いますので実印のほか、銀行印や角印、住所印などもあわせて準備しておくとスムーズです。
そして印鑑作成後に印鑑証明を登録しておく必要があります。
印鑑証明は登記の際に必要になりますので事前に準備しておきましょう。

また会社のホームページなども事前に準備しておくほうが良いです。
無料ブログや無料ホームページ作成サービスなどでHPを作るのではなく、独自ドメイン取得してWEBサイトをつくるとよいでしょう。
会社のホームページは、インターネット上の会社の宣伝・広告を兼ねる部分となり、多くの人の目に入る可能性のある会社の玄関口です。
信頼できるサイトがあると会社の信頼度もたかくなりますので、会社設立に忙しくなると後回しになりがちなので先に準備しておくと安心です。

準備がきちんとできていれば登記の書類自体の作成はスムーズに行うことが可能です。
自分で作成することもできますが、専門家や会社設立代行業者に頼むと時間も節約できますのでその分をほかの準備に充てることができます。
費用はかかりますが、間違いもなくメリットは大きいので検討してみる価値が十分にあります。
登記をした後は開業にまつわる届け出を、都道府県や市町村や税務慮など様々な役所に提出する必要があるので、それらをまとめて相談できる専門家がいれば安心して初めての会社設立を行うことができるでしょう。
いろいろと戸惑うことも多いと思いますが、大切なのはどんな会社にしたいのかという明確なビジョンです。
事前の準備段階でしっかりと計画しておくことが会社設立の基本となりますので、時間をかけて計画しましょう。