会社設立の費用

会社設立の費用 - 会社設立の費用について かんたん会社設立ナビ

会社設立の費用

近年、会社勤めをするのではなく自分で会社を設立したいと考える人が増えており、そのノウハウを知りたがっている人も比例して多くなっています。
これは長引く不況の影響や会社に対する信頼の低下も関係していて、自立した事業にチャレンジする機会が身近になってきていることが大きいでしょう。

そこでまず知っておかなければならないのが「会社設立の費用」で、これはどんな会社を設立するにしても必ず必要になりますし、自分の考える事業にはどのくらいの資金が必要なのか目途を立てておかなければその後の展開も望めません。
はじめに会社には「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」の4つの種類に分類され、このうち合名会社と合資会社は特殊な例となりますから実質株式会社か合同会社のどちらかになるでしょう。
少し前まで「有限会社」というのもありましたが、現在は廃止されているので今は作ることができません。

そしてこの中でももっともメジャーなのが株式会社で、日本にある多くの会社が株式会社と言ってもいいでしょう。
株式会社と聞くと少し難しいイメージがあるかもしれませんが、かかるコストはそれほど多くありません。
方法としては紙の定款の場合と電子認証定款の場合があり、電子認証定款のほうは200.000円と低コストになっているのでこちらがおすすめです。

合同会社の場合も株式会社同様、紙の定款と電子認証定款がありますが電子認証定款のほうが60,000円と安くなっています。
このように株式会社にしても合同会社にしても比較的ハードルは低く、誰でも簡単に設立することができることがわかります。

もちろん会社は作るのは設立にかかるコストだけが問題になるわけではありませんので、ほかの問題にも目を向けなければなりませんが、スタートの部分が明確になっていればその後の展望も明るくなるでしょう。
まずは自分がどんな会社を作り、どんな営業をしたいのかビジョンを明確にして魅力的な会社作りをはじめてください。