株式会社にかかる費用

株式会社にかかる費用 - 会社設立の費用について かんたん会社設立ナビ

株式会社にかかる費用

会社設立を考えている方のほとんどは株式会社を選択すると思いますが、ここにかかる費用はどのくらいなのでしょうか?

まず株式会社とはどのようなシステムになっているかと言うと、株式を発行して投資家から資金を調達してそのお金で事業活動を行なうようになっており、経営者と出資者の名前が違っても問題ありません。
出資者は株主と呼ばれ、株価が上がっていくと配当金という形で収入を得ることができる点が大きなメリットです。
したがって出資者側にとってもどこの株式会社に投資するか重要な選択になりますし、経営者もできるだけ多くの投資をしてくれる出資者に出会うことで事業資金を得られるので会社が軌道に乗ればどちらにとっても良い影響があるのです。

それでは株式会社の設立にかかる費用ですが、まず紙の定款の場合は公証人手数料が50,000円、定款印紙代40,000円、登録免許税150,000円で合計240,000円かかります。
もうひとつ現在の主流になっているのが電子認証定款による方法で、こちらは公証人手数料が50,000円、定款印紙代が0円、登録免許税が150,000円で合計200,000円になるので紙の定款よりも40.000円安くなります。
これだけの費用があればとりあえず会社設立が可能なので、それほどハードルが高いわけでもありませんし誰でもすぐにはじめることができるでしょう。

しかし会社はただ設立するだけでは意味がありませんから、きちんと利益を出せるように計画的な運営をしていかなければなりません。
そこで重要になるのが一緒に働く人や株主の存在で、こういった人たちの力なしには会社を繁栄させることはできないと言われています。

また会社の運転資金も必要になりますから、実質必要な費用は設立にかかる費用に加えて最低限の運営資金ということになります。
運営資金はどんな事業を展開していきたいかにもよりますので、設立前にしっかり計画して数字を出しておきましょう。