株式会社に必要な書類

株式会社に必要な書類 - 会社設立の費用について かんたん会社設立ナビ

株式会社に必要な書類

株式会社を設立するにあたっていくつか覚えておかなければならないことがありますが、その中でも重要度が高いのは必要な書類についてです。
これは株式会社に限らず会社設立をするなら必ず必要になるものなので、何を準備しなければならないのかしっかりリストアップしておきましょう。
そこで今回は株式会社に必要な書類を紹介していきたいと思います。

まず最初に証明書関係が必要で、これは出資者の個人実印と取締役(又は代表取締役)の印鑑証明書1通が該当します。
印鑑証明書は会社の所在地のある市町村役場へ申請しにいかなければなりませんし、原本が必要になることも併せて覚えておきましょう。
また出資者が法人の場合は法人の印鑑証明書1通、法人の履歴事項全部証明書1通が必要になります。

次にこれは書類ではありませんが出資者の個人実印と取締役(又は代表取締役)の個人実印も必要になり、いずれも印鑑登録している印鑑がそれに該当します。
また法務局への設立登記申請時に必要になるのが会社の法人実印で、印鑑関連は合わせて3つありますので忘れないでください。

さらに資本金関係では出資者の銀行口座と資本金も必要になりますし、本店所在地として登記する住所もなければいけません。
ただ住所は必ずしも特別な場所である必要はなく、自宅で事業をする場合はそのまま会社の所在地にすることもできますのでその旨を記載して申請してください。
書類を作成した後は管轄の公証役場にて定款認証を受けて、資本金を支払いそこで会社としての認められる流れになります。

簡単な流れとしてはこのようになりますが、ひとつひとつ確実にこなしていかないと後戻りしなければならなくなるので面倒です。
したがって個人で進めていくよりも専門家に依頼して進めたほうがスムーズになりますし、会社をはじめてからもアドバイスをもらえるので会社と契約してくれる専門家を雇うのも手段のひとつです。
以上のことを踏まえて株式会社を設立しましょう。