株式会社の資本金

株式会社の資本金 - 会社設立の費用について かんたん会社設立ナビ

株式会社の資本金

株式会社を設立するにあたってもっとも重要になると言って良いのが資本金で、これがなければ会社設立をすることはできても運営していくことができませんのでいくら必要になるのかしっかり計画しておきましょう。
それでは資本金を準備するにあたってポイントになるのはどんなところでしょうか?

まずはじめに「事業目的は何か?」という点で、これが明確になれば必然的に必要な資金も見えてきますし、何にいくら必要かが分かれば事業の現実性も分かると思います。
また必要な資金を調達する手段も同時に考えておかなければなりません。

次に資本金の目安となる金額ですが、これは事業目的によっても異なりますが初期費用と3か月分の運営資金が目安になると言われています。
したがって資本金が5,000,000円必要な場合、それだけを準備していては生活ができなくなってしまいますので5,000,000円+生活資金という考え方で用意しましょう。
そもそも資本金は会社の経費としてのみ必要できるお金で、そのお金に手を付けるとなると会社から借金をすることになるのであまり好ましくありません。
健全に運営を進めていくためにも余裕のある資本金の準備をしておきましょう。

さらに資本金の額は公開されますし、それが会社の信頼性にも影響するのであまりにも少ないとよくありません。
会社の資本金を見たときに、あまりにも少ないとこの会社はきちんと運営できているのだろうか…という不安を感じるはずですからその点も考慮しておく必要があります。

ただ資本金10,000,000円未満の場合、最大2年間消費税が免税になりますので初年度は資本金10,000,000円未満にすることをおすすめします。
出ていくお金は少しでも少ないほうがいいですし、特にはじまってから軌道に乗るまでは何かと出ていくお金が多いので節税は大きなポイントになります。

以上が株式会社を設立するときの資本金に関する情報になりますので、会社設立をする方は参考にしてください。