合同会社設立に必要な書類

合同会社設立に必要な書類 - 会社設立の費用について かんたん会社設立ナビ

会社設立の費用について かんたん会社設立ナビ > 合同会社設立に必要な書類

合同会社設立に必要な書類

会社設立にあたって必要な書類を準備すると思いますが、合同会社の場合はどのような書類が必要になるのでしょうか?
合同会社の場合、株式会社と違って必要書類の数は少なく合同会社設立登記申請書、登記用紙と同一の用紙、定款2部(会社保存用と法務局提出用)、代表社員の印鑑証明書、払込証明書、印鑑届出書が必須書類となり、場合によっては代表社員就任承諾書と本店所在地及び資本金決定書が必要になります。

まず代表社員の印鑑証明書を用意することになりますが、これは代表者が複数いる場合は人数分必要になりますので、誰が代表者になるのか決定したらそれぞれが作成してください。
次に払込み証明書を用意しますが、これは定款に記載している資本金がちゃんとあることを証明するために必要になりますからはじめに資本金を払い込んだら「誰が振り込んだか分かること」「振込の年月日が定款の作成日以降であること」を確認できるようにしておきましょう。

そして払込み証明書を作成しますが、これはインターネット上にテンプレートをダウンロードできるサイトがありますので、そちらを利用すると便利です。
また印鑑届出書も同時にダウンロードできるところがあるので、オフィス関連の書類のテンプレートがたくさん置いてあるサイトをひとつ見つけておくといいかもしれません。

さらに定款で本店所在地を最小行政区画までしか記載していない場合、本店所在地及び資本金決定書が必要になりますし、代表社員就任承諾書が必要になることもあるのでそちらについても併せて調べておきましょう。
その他必要な書類を作成したら法務省で設立登記へ行き、準備は完了となります。

ここまで大まかな流れを説明しましたが、細かい部分については専門家からアドバイスを受けることをおすすめします。
最近ではインターネット上でも会社設立に関する記事をいくつも見ることができますので、そういったサイトも積極的に参考にするといいでしょう。