合同会社の資本金

合同会社の資本金 - 会社設立の費用について かんたん会社設立ナビ

合同会社の資本金

会社設立にあたり、資本金の準備は必須となりますが、近年増えてきている合同会社の場合資本金はいくら必要になるのでしょうか?
まず答えから言うと合同会社の場合資本金が1円でもスタートすることが可能で、これは株式会社が1,000万円以上、有限会社が300万円以上という規制がなくなったからです。

しかし現実的に考えて資本金1円ではじめられる事業はないに等しいと思いますし、スタートの時点で資金のない会社はその後軌道に乗せることはできないでしょう。
そもそも資本金とは会社の経費として使えるお金のことを指しており、いわば運転資金にあたるものですから会社の備品などはもちろん事業を進めるうえで必要なものを購入するために欠かせないお金なのです。

また一般的に考えて事務所を借りる際の敷金、礼金、保証金だけでもかなりの額になりますし、インターネット環境を整えるためのコストやパソコンの導入費用などまとまったお金がなければまともな事業ははじめられません。
さらに資本金要件がある許認可事業もあって、有名なところで言えば一般建設業(自己資本が500万円以上)や一般労働者派遣事業(2,000万円×事業所数)がそれにあたります。

このように合同会社はスタートしやすいと言っても資本金のない状態からはじめるのは現実的ではなく、むしろ合同会社だからこそできるだけたくさんの資本金を準備したほうがいいと思います。
合同会社のメリットは複数の代表者を立てて責任を分散させられる点にありますから、その分チャレンジもしやすいはずです。
それぞれがまとまったお金を持ち寄れば大きな資本金になりますし、それが会社の繁栄の第一歩になることは間違いありません。

もしどのようにすればいいのか分からないのであれば、まずは専門家に話を持っていきどのようにするべきかアドバイスをもらってください。
さらにお金の管理を任せられる税理士を雇っておくと税金関連のトラブルも起こさずに済むので安心です。