株式会社と合同会社の違い

株式会社と合同会社の違い - 会社設立の費用について かんたん会社設立ナビ

会社設立の費用について かんたん会社設立ナビ > 株式会社と合同会社の違い

株式会社と合同会社の違い

これから会社設立を考えている人がまず知っておかなければならないのが「株式会社と合同会社の違い」についてで、この違いを知ることによって会社の方向性を決められるでしょう。
そこで今回は株式会社と合同会社の違いをいくつか説明していきますので参考にしてください。

ひとつめの違いは「役員と業務執行機関」で、株式会社の場合、役員は必ずしも出資者が行う必要はありませんが、合同会社の場合は必ず出資者が役員になります。
したがって合同会社は出資者が経営に関与することになりますので、株式会社で言うところの役員と株主を兼務するということです。
そして株式会社の場合、役員の任期はおよそ2年から10年、監査役の任期も4年から10年と決まっていることがほとんどですが、合同会社にはこのような決まりはありません。

次に「利益配当」の違いもあって、株式会社の場合は利益が出るとそれを株主に配当金という形で還元しますが、合同会社にはそういった存在がいないので利益は会社へすべて還元されます。
また合同会社は定款認証が必要ありませんので公証役場へ出向く必要もなく、会社設立までのスピードも株式会社と比べてスピーディでしょう。
さらに「登録免許税」も合同会社のほうが株式会社より9万円安く、会社設立費用は全体で142,000円も安くなります。

最後にひとつめの違いと共通しますが、株式会社は責任が一人に多く負担する可能性があり、合同会社は出資者全員で責任を負担します。
したがって責任の分散が可能な分リスクも少ない点がメリットになります。
ただ社会的な信用と言う点ではまだまだ株式会社のほうが大きく、安定していますのでこの点も考慮しなければなりません。

このように株式会社と合同会社は同じ会社でもスタートから異なる部分も多いですから、どちらが良いのか十分に検討してください。
ふたつの違いについては専門家の見解やインターネット上に開設されている専門サイトも参考にするといいでしょう。