税理士の費用

税理士の費用 - 会社設立の費用について かんたん会社設立ナビ

税理士の費用

会社設立の際に税理士の力を借りたいと考えている人も多いと思いますが、費用はどのくらいかかるのでしょうか?
ここでは会社設立にかかる税理士への費用の相場、そして税理士の探し方についてお話していきますので、現在会社設立を考えている方は目を通してみてください。

はじめにもっとも一般的である株式会社設立にかかる費用ですが、これはまず定款認証印紙代が40,000円、定款認証手数料52,000円、登録免許税150,000円、合計で240,000円になります。
定款認証印紙代の40,000円は電子認証にすることによって0円になりますが、これを自分だけでやろうと思うとなかなか難しいところです。

そこで確実に進めていくなら税理士の存在が力になりますが、会社設立にかかる費用の相場はおよそ30,000円から50,000円かかります。
したがってはじめから税理士に依頼することを想定するともともとかかるはずであった定款認証印紙代のコストをこちらに回すほうが確実ですし、お得になる可能性が高いのです。
また税務顧問契約を同時に申し込むことによってさらに安くなるケースもあるようなので、今後のことを考えれば税理士を介して手続きをするほうがおすすめです。

それでは税理士を決めるときの基準ですが、長く付き合っていくことを考えるとまずは性格的な部分での相性がとても重要になりますし、お金のことを任せるわけですから信頼関係が築けなければいけません。
したがってあらかじめ評判を調べたりするのはもちろん、実際に話し合ってみてこの人なら任せられるという人に依頼しましょう。

地域によって税理士の費用の相場がやや異なることもありますので、知り合いに経営者がいればその人から情報収集をしたり、インターネットをうまく活用してください。
さらにひとつの税理士事務所だけでなく複数の税理士事務所で話を聞くことで、どこが自分に合っているのか分かりますので必ず複数のところで話を聞く様にしましょう。